社員インタビュー

  • 社員インタビュー
  • ハイケムの職場環境
  • 募集要項
劉 丕業

ハイケムテクノロジー株式会社 営業部門
2012年7月入社劉 丕業(りゅう・ひぎょう)

プロフィール
中国の重点大学の一つである、大連理工大学の材料工学科を卒業し、新卒としてハイケム株式会社に入社。入社後は、営業開発部(現、ハイケムテクノロジー株式会社)に配属。現在も、技術ライセンス事業に関する中堅社員として活躍中。
若くても成長できる舞台があるそこで自分を信じて努力する

ハイケムを選んだ理由は?

まず商社を選んだのは、様々な会社の方々、たくさんの技術や製品と触れることができると思ったからです。また日本の企業を選んだのは小さいころから日本のゲームや漫画に触れていて馴染みがあったこと、また大学で日本語強化コースを選択していたので卒業後は日本に行ってみたいと思っていました。また何よりハイケムが成長企業であったので、若くても仕事の前線で活躍できるという環境があると思ったのが第一の理由でした。

今の仕事内容を教えてください。

私は、日本企業の化学技術を中国企業に紹介する、営業開発部に所属していて、新規開拓を担当しています。現在の主な業務は、中国の潜在ライセンス先の情報収集やライセンス契約の交渉、成約後は、ライセンス契約履行の際の助言や協力を行っています。また、新規開拓が担当であるので、日中のニーズに応じて新しい技術を探し出すというのも私の重要な任務の一つになります。

難しそうなお仕事ですね。仕事をする上でどんな時にやりがいを感じますか?

昨年、私が責任者として担当する技術ライセンスの契約に成功しました。1年間のマーケット調査と半年の契約交渉という長い道のりでしたが、準備から約2年でようやく契約に踏み切ることができました。

契約交渉の際には、日本側と中国側の考え方がずれていることが往々にしてあります。ただ、そんな時に日本の立場でも中国の立場でもない、中立な第3社の立場で双方の考え方をよく理解した上で折衷案や対策案を提案するのです。特に、ライセンスという仕事は結果からみると成功か失敗かどちらかしかない難しい仕事です。自分を信じて努力して成功できたらその瞬間は本当に仕事のやりがいを感じることができます。

ハイケムで働くことでこそ得られたことは何ですか?

やはり、若くても前線に立たせてもらえる会社であるということですね。入社してからは本当に色々な難しい仕事を経験させていただきました。私はちょうど入社して6年になるのですが、新規契約を締結できたのも優秀な諸先輩方と一緒に、数年かけて様々な仕事に取り組ませていただいたおかげだと思います。そして私のこれからの人生にも非常にプラスになる経験を積んでいると思います。

ハイケムでどのような将来を描いていますか?

今後はライセンスだけでなく、販売の仕事やグループの財務管理など一人で多種の職種を対応できるようなマルチな人材になっていきたいと思っています。とにかく、もっと大きな仕事を任せてもらえるような人材に成長していきたいですね。

1日のスケジュール

1ヶ月の内、1週間~2週間ほどは中国出張

日本にいるときのスケジュール
9:00 仕事開始
当日打ち合わせの資料整理等
10:00 中国の会社始業に合わせ中国のスタッフとの連絡、打ち合わせ
12:00 ランチ
リフレッシュルームで業界誌等をチェック
13:00 日本企業との打ち合わせのため外出
ライセンス契約交渉状況や今後の対策案を議論
15:00 帰社 社内ミーティング
中国のスタッフと情報交換し、これからの案件の進め方を議論
17:00 情報整理及び情報収集
18:30 退社

Copyright(c)HighChem Co.,Ltd All rights reserved.