ニュースリリース

2022年07月22日 プレスリリース貿易事業

ハイケム、医薬品事業を拡充!
~中国への医薬品の輸出やジェネリック分野で~

 ハイケム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:高潮(たか うしお)、以下ハイケム)は、中国への医薬品原薬及び製剤の輸出や後発医薬品(ジェネリック)の取り扱いを強化し、医薬品事業を拡充します。

難易度の高い医薬品の中国への輸出事業を強化!昨年度は中国当局より1品目が承認!

 ハイケムでは日本から中国への医薬品原薬及び製剤の輸出事業を強化しています。2021年9月にはハイケムが取り扱う製品において、1品目が中国当局(National Medical Products Administration、NMPA)より承認され、中国市場での販売を開始しました。また、2022年7月現在、CDE(医薬品審査評価センター)に登録済みの商品は5品目に上り、2022年中には追加で1~2品目の承認・中国市場での販売を見込んでいます。更には、業界内における医薬品の中国への輸出事業の認知度が拡大したことにより追加で4~5品目について初回事項対応及び申請資料を作成しています。

 中国において品質の高い日本の原薬や製剤の人気は高いものの、申請書類や仕組みが分かりづらく日本企業が中国に進出する際のネックとなっています。ハイケムでは2014年より中国における製品の市場調査及び販売支援を行っておりノウハウを蓄積しています。また、中国と日本の薬剤師免許保持者も在籍しており、両国の法規制に合わせた申請の代行、製品の輸出手続きのサポートが可能です。

後発医薬品候補原薬のプロセス開発から商業生産まで一貫したサービスを提供

 中国からの輸入事業においては、原薬(医療用、OTC用、動物薬用)と医薬中間体を中国から輸入しています。また、調達が困難な後発医薬品候補の原薬につき、プロセス開発から商業生産まで一貫して行うサービスも提供しています。最近では、他社が権利化した結晶多型特許に抵触しない結晶形を取得するための結晶化技術についても、ラボ段階から商業化まで開発を進めるなど、より難易度の高い製品の取り扱いにも対応できるようになりました。

開発薬の一例

〇 尋常性乾癬治療薬「アプレミラスト」(一般名)
〇 糖尿病治療薬「ダパグリフロジン」(一般名)

■ ハイケム株式会社 概要
● 会社名:ハイケム株式会社
● 所在地:東京都港区虎ノ門1丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア11階
● 代表取締役:高 潮(たか うしお)
● 事業内容:化学品の輸出入販売・受委託製造/技術ライセンス関連業務/触媒製造販売/生分解性材料輸入販売等


【このリリースに関する報道機関からのお問合せ】

ハイケム株式会社 人事総務部 広報室 担当:黒岩(090-6539-4217)
TEL:03-5251-8580  E-mail:koho@highchem.co.jp