ニュースリリース

2022年04月13日 プレスリリース貿易事業素材事業

ハイケム、PLA(ポリ乳酸)ポリオールの取り扱い開始!
カーシートからヴィーガンレザーまで
幅広いグリーンプラのニーズに対応

 ハイケム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:高潮(たか うしお)、以下ハイケム)は、カーシートから塗料、ヴィーガンレザーまで幅広い用途に活用可能なポリウレタンの原料となるポリオールにおいて、生分解性を有する「PLA(ポリ乳酸)ポリオール」の取り扱いを開始します。

カーシートからヴィーガンレザーまで幅広い用途に活用可能!
各業界におけるグリーンプラスチックの需要に対応

 ポリウレタンはポリオールとイソシアネート化合物を反応させてできる高分子で、主に、カーシートやソファー、枕のクッション材などに使用されています。また、配合処方や成形方法を変えることにより、様々な性能を引き出すことができ、発泡体、ゴム、塗料、接着剤などに使用できるほか、繊維用途では、水着や下着に使われるスパンデックスと呼ばれる弾性のある繊維や合成皮革(靴・かばんなど)にも使え、様々な業界において多様な用途に活用することができます。

 今般、取り扱いを開始するPLA(ポリ乳酸)ポリオールは、トウモロコシを原料として製造したPLA(ポリ乳酸)にバイオ由来の化合物を重合して製造しています。したがって、焼却しても大気中の二酸化炭素を増加させない(カーボンニュートラル)ため、化石由来のプラスチックよりも環境負荷が低くなります。また、一定の環境下で水と二酸化炭素に分解する(生分解性)も有しているため、環境負荷低減に貢献することができます。





ポリ乳酸ポリオール

中国最大のPLA(ポリ乳酸)メーカーの供給により、
植物由来ポリオールが商業ベースで供給可能に!

 当社は2020年に中国最大のPLA(ポリ乳酸)メーカーである安徽豊原集団有限公司(本社:中国安徽省蚌埠市 以下、「豊原集団」)と事業戦略パートナーシップ契約を締結し、PLA(ポリ乳酸)をはじめとする生分解性プラスチックの日本市場の開拓を行っています。豊原集団は、2020年8月に5万トン/年の生産を開始して以降、2021年12月には新たに5万トン/年の設備の試運転を開始しました。さらに、2022年度中にはさらに30万トンの設備を追加する計画であり、これらすべての設備が稼働すると世界最大のPLA(ポリ乳酸)メーカーとなります。

 今般、豊原集団が自社で製造したPLA(ポリ乳酸)にバイオ由来の化合物を加えることで、生分解性を有するPLA(ポリ乳酸)ポリオールの開発に成功しました。また、同社は、昨年3000トン/年のプラントにて試生産を開始、更に2022年8月には10万トン/年のプラントが稼働予定であり、今後は商業ベースでの安定供給が可能となります。

 ハイケムは豊原集団とのパートナーシップをベースに、PLA(ポリ乳酸)だけでなく、PLA(ポリ乳酸)ポリオールの市場開拓にも注力し、日本における生分解性プラスチックの更なる普及に尽力してまいります。

■ ハイケム株式会社 概要
● 会社名:ハイケム株式会社
● 所在地:東京都港区虎ノ門1丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア11階
● 代表取締役:高 潮(たか うしお)
● 事業内容:化学品の輸出入販売・受委託製造/技術ライセンス関連業務/触媒製造販売/生分解性材料輸入販売等


【このリリースに関する報道機関からのお問い合わせ】

ハイケム株式会社 人事総務部 広報室 担当:黒岩(090-6539-4217)
TEL: 03-5251-8580  E-mail:koho@highchem.co.jp