ニュースリリース

2023年12月05日 プレスリリースC1ケミカル事業

ハイケム、中国の気候テック企業と販売代理店契約を締結
アルカリ水電解装置の重要素材で世界のグリーン水素普及に貢献

ハイケム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:高 潮(たか うしお)、以下ハイケム)は、グリーン水素の製造を可能とするアルカリ水電解装置の重要素材を日本市場及び海外市場で展開するため、中国の気候テック企業である、炭能科技(北京)有限公司(以下、炭能社)と2023年11月に販売代理契約を締結しましたのでお知らせします。

(左:炭能社 董事長 康鹏, 右:ハイケム 取締役 高 裕一)

「グリーン水素」の可能性を広げる『アルカリ水電解装置』とは?

水素はエネルギー源として利用してもCO2を排出しないことから、脱炭素社会の切り札として社会への実用化が推進されています。中でも、アルカリ水電解装置は、再生可能エネルギー由来で「グリーン水素」を製造する装置であり、CO2を排出せずに水素を製造可能であることから、日本を含めた世界中で技術開発が進んでいます。

今般、炭能社が開発したアルカリ水電解装置の重要素材は、高い技術力を要する革新的な技術です。高性能かつ高耐久性を有する製品で、従来品と比べ優れた気密性と低抵抗率を有しており、高純度水素を少ない電力で簡単に製造することが可能となります。また、高温環境下においても高い質量保持率と耐摩耗性を発揮することができ、長時間の使用でも性能を維持します。これらの革新的な技術により、グリーン水素の製造コスト削減や省エネ促進、再エネルギーへの転換にも繋げることが期待できます。

今般のハイケムと炭能社の協業はアルカリ水電解装置の国際的な普及の新たな原動力となり、二社の脱炭素技術分野における協力関係を強固のものとするものです。また、二社の技術力と市場の優位性を十分に発揮し、より革新的な製品とサービスをグローバルに展開してまいります。


炭能科技(北京)有限公司 概要
会社名:炭能科技(北京)有限公司
所在地:中国北京市
董事長:康 鹏
事業内容:脱炭素技術の研究開発と応用に力を入れるハイテク企業。アルカリ水電解装置の重要素材などの革新的な製品の研究開発を行う。

ハイケム株式会社 概要
会社名:ハイケム株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア11階
代表取締役:高 潮(たか うしお)
事業内容:日本の東京に本社を置く国際的な化学企業で、革新的な化学製品とソリューションの提供に取り組む。脱炭素技術分野では豊富な経験と技術力を有している。


関連ページ




【このリリースに関する報道機関からのお問合せ】
ハイケム株式会社 広報室 担当:黒岩(090-6539-4213)・陳
TEL:03-5251-8580  E-mail:koho@highchem.co.jp