業界トップの C1ケミカルのトータルソリューションカンパニーを目指します

C1ケミカルとは?

21世紀以降、石油資源の探査・開発に伴い、資源不足は益々深刻化しています。一方、石炭や天然ガス等は豊富かつ安価であり、それらの資源を使って化学品を製造するC1ケミカルに対して年々注目が集まっています。また、オフガスを利用することで可能となる「C1ケミカルとグリーンケミカルの結合」は経済発展と環境保護の両立にも貢献することになり、エネルギー発展、環境保護や持続可能な開発双方の角度から見ても重要な意義があると考えています。特に当社が取り組んでいる、石炭からエチレングリコール(以下、MEG)を製造するプロセス(CTEG技術)は、採算性に優れており、既に従来の石油由来の製造法から切り替える動向を見せています。
主な業務内容

C1ケミカルのトータルソリューションカンパニーを目指して

ハイケムグループでは、CTEG技術ライセンス関連業務を中心にお客様のニーズに適した提案を作成し、それらの技術支援から触媒生産・回収、製品販売、物流サービス、スタートアップ・トレーニング、コンサルタント業務、資金調達・運用、MEG販売まで一括して行うC1ケミカルのトータルソリューションカンパニーを目指しています。


技術ライセンス業務

ハイケムグループでは、C1ケミカルを中心とした技術ライセンス事業を展開しています。主に、宇部興産株式会社と共同で行っているCTEG技術(石炭由来の合成ガスからMEGを製造するプロセス)ライセンスについては、現在14件のライセンス契約を締結しています。これらのプラントがすべて稼動した場合、約350万トンの生産能力となります。

技術・エンジニアリングサポート

顧客にプラント設計に関わる、詳細設計から操作のトレーニング並びに現場のスタートアップ等一連のサービスの提供が可能です。

触媒の提供

ハイケムグループでは、中国・南通に自社触媒工場を有しており、CTEGプロセスにおいて必要となる触媒の提供が可能です。

研究開発

触媒性能改良や製造工程の課題解決およびコストダウン検討を目的に、日中に3つの研究所を保有しています。東京研究所は基礎研究を担当、上海研究所では中スケールの実証、さらに触媒工場のある南通研究所では工業段階に近い中間テストが実施可能な機能を備えています。すなわち当社には基礎研究から実機レベルの技術検証まで可能な機能が整っており、競合他社の追随を許さない研究体制を構築しています。

CTEG技術 ライセンス

ハイケムグループでは、宇部興産株式会社と共同で、CTEG技術(石炭由来の合成ガスからエチレングリコールを製造する技術)の中国企業へのライセンス供与を行うビジネスを展開しています。

「CTEG技術」解説

石炭、シェールガスなど様々なエネルギー源およびオフガス石炭もしくは天然ガスから得た一酸化炭素(CO)を原料としてエチレングリコールを生成製造するプロセスです。DMOプロセスおよびMEGプロセスという二つの部分を併せた製造技術です。
ハイケムグループでは、環境保護も重要視し、カーバイドおよび鉄鋼の生産過程でできたオフガスを有効利用しています。
 【プロセス】

ライセンス供与の実績

合計14件のライセンス供与実績

ハイケムグループでは、宇部興産株式会社と共同で中国の石炭化学企業等にCTEG技術のライセンス供与を行っています。2017年現在、14件のライセンス契約を締結しました。これらのプラントがすべて稼動した場合、約350万トンの生産能力となります。

 
2012年には中国の新疆ウイグル自治区に第1期目のプラントが稼働。石炭の合成ガスから高純度のエチレングリコールを高効率かつ安定的に製造する世界初のプラントとして高く評価されています。


今後の展開

◇メーカーへの転身 ~MEG供給のメジャーとして世界トップシェアを狙う~
中国においてポリエステル産業は発展しており、MEGの需要はまだまだ伸びています。一方で、現在の主流である石油由来のMEGは輸入に頼っているのが現状であり、コストの安い石炭由来のMEGへのニーズは中国で確実に高まっています。このような状況の中、ハイケムはCTEGライセンスの供与実績と技術力をベースに、世界トップシェアのMEGのメジャー供給先となるべく取り組みを強化してまいります。
 

◇グローバル展開
ハイケムグループでは、これまで中国国内の石炭産地を中心とするライセンス事業を行なってきました。今後は、世界エネルギー産業の潮流を読み、合成ガスやシェールガスを利用してエチレングリコールを製造する案件に注目しています。また、資源開発の盛んな中東や東南アジア等へのライセンス供与も視野に入れ、日本の大手企業と共に海外プロジェクトへ参画し、更なる事業の拡大を目指しています。
 
 
◇ CTEG以外の技術ライセンス業務
ハイケムグループは、CTEG以外の分野でのライセンス事業、主に合成ガス利用技術の開発による新規事業を展開しています。また、日中両国における化学業界の大手企業との良好な協力関係を基に、ライセンス事業から波及する種々の化学製品の代理販売も手掛けています。


関連組織

事務所

北京興高化学技術有限公司
2012年北京に、北京興高化学技術有限公司を、CTEGライセンス事業を行う中国の中核拠点として設立しました。

ハイケムテクノロジー株式会社
2015年東京に、ハイケムテクノロジー株式会社を設立。これまでハイケム株式会社の事業開発部が行っていたCTEGライセンス事業を同社に事業譲渡しました。

業務内容
CTEG技術ライセンス関連業務、CTEG以外の技術ライセンス業務、コンビナート計画とコンサルタント業務、日中間の提携開発業務等

製造拠点

南通工場 法人名「高化学(江蘇)新材料化工有限公司設立」
2011年8月、江蘇省南通市にハイケム初となる自社触媒工場を設立。
「CTEG技術」において、エチレングリコールを製造する過程で必要となる、パラジウム触媒と銅触媒を製造しています。延床面積は 約4万平米、年間生産能力は計3,000トンに上り、ライセンシーへの十分な供給体制を備えています。 
 
【南通工場概要】
設立 :2011年8月(竣工:2012年9月) 
資本金 :9,600万RMB
従業員数 :約80名 延床面積:40,499.79㎡
製品 :パラジウム触媒、銅触媒
年間生産能力:パラジウム触媒1,500トン/年
銅触媒1,500トン/年
 


研究所

ハイケムグループでは、CTEG技術ライセンス事業において、触媒の開発、研究を行うため日中に3つの研究所を保有しています。
南通研究所

南通研究所
法人名「高化学炭一化学南通研究所有限公司」

東京研究所

東京研究所
法人名「株式会社ハイケム東京研究所」

上海研究所

上海研究所


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 電話番号 03 5542 0580

メールフォームでのお問い合わせ



Copyright(c)HighChem Co.,Ltd All rights reserved.